ブログに関する話

常体と敬体、それぞれの利点——ブログを常体で書くのは断定的で強い印象?

 前回の記事で、ブログを始めた当初は敬体で書くか常体で書くか悩んだと書いた。そして今では殆どの記事で常体で書いているとも書いた。  今回の記事では、僕が思う常体と敬体それぞれの利点と、いくつかのブログ記事で目にしたそれぞれの印象についての...
ブログに関する話

敬体と常体——ブログを常体で書いているのは自分の中のリズムが常体だから

 ブログを始めた時に、ちょいとばかり悩んでいたのが、ブログでの文体について。文体といっても、「村上春樹風」だとか「夏目漱石風」といった高等なテクニックの話ではなくて、つまり敬体で書くか常体で書くかといった問題である。結果としては、今では殆ど...
ブログに関する話

ブログのための文章力向上講座 インプット編——なにはともあれ、読書

 前回、ブログにおいても文章力は必要で、「文章が上手くなりたいのなら、まずは文章に対して意識を向けることが肝心」といった記事を書いた。その意識を向けることの具体例としては、 適切な表現か怪しい時は必ず辞書を引く てにをはを意...
ブログに関する話

ブログを書くにも文章力はあったほうがいい——文章力向上の第一歩は意識すること

 ブログを書いている人間が、きっと一度は考えるであろうこと——それは文章力について。多分をブログを始めたい人の中には、自分の文章力のなさが足枷になっている面もあるだろうし、また他方では著名ブロガーが大抵一度は文章力について書いた記事を投稿し...
お金がなかったので図書館で本をたくさん読んでみた

【カネトショ】第十三話 「目が開かなくなった!」——焼きそばを食べようとした弟に起きた青天の霹靂

「目が開かなくなった!」と、流しの水で目を洗いながら弟が珍しく大きな声を上げて言った。  たった今、彼はフライパンで炒めて作り上げた焼きそばをテーブルに運び、さあ食うぞと言った瞬間だったのだ。それがいきなりの惨事になり、数歩の距離にある流...
お金がなかったので図書館で本をたくさん読んでみた

【カネトショ】第十二話 二ヶ月半ぶりに行った美容院は変わり者のおじさんの店だった

 久しぶりに髪の毛を切った。かれこれ二ヶ月半ぶりに切ったのだ。元から髪の量が多いタイプでかつくせ毛なので、二ヶ月近く放置していたら相当に重い印象であった。いささか短くなりすぎた気もするが、どうせすぐに伸びるので問題はない。サッパリしたのでい...
書評

【書評】『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』

先日書いたように僕は現在、SNSの類を一切休止中である。思っていた以上に健全に過ごせている。また、たまたまここ数日ずっと外出していたので、何日もパソコンの電源すらつけていない。(もちろんタブレットやスマホは使っているのだけれど) 自己肯定...
お金がなかったので図書館で本をたくさん読んでみた

【カネトショ】第十一話 行きつけのタリーズもマックも混んでいたので上島珈琲に入ったら、快適だった

某ショッピングモール内の上島珈琲に来た。このショッピングモールは自転車で行ける近所のためよく来るのだが、ここの上島珈琲に入ったのは初めてである。というよりも、上島珈琲自体に殆ど入ったことがなかった。理由は言うまでもなく高いからである。 ...
雑記

人生初の万年筆に感動——千円で買えるカクノで万年筆デビューを果たした話

今週の日曜日に人生初の万年筆を買って、日月火水とずっと使い続けた。なるほど確かにボールペンよりも断然書きやすいなと思った。 日曜日に四百字詰めの原稿用紙十五枚程書き、その後の月火水は五〜七枚程書いていたらいよいよインクが切れてしまった...
書評

【書評】『ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座』

久しぶりの書評記事だ。今回取り上げるのはかん吉の名で知られている菅家伸氏の『ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座』。 下書きの段階で原稿用紙に手書きしているが、なかなか長いタイトルである。というのも、こちら...