カネトショ

お金がなかったので図書館で本をたくさん読んでみた

【カネトショ】第十三話 「目が開かなくなった!」——焼きそばを食べようとした弟に起きた青天の霹靂

「目が開かなくなった!」と、流しの水で目を洗いながら弟が珍しく大きな声を上げて言った。  たった今、彼はフライパンで炒めて作り上げた焼きそばをテーブルに運び、さあ食うぞと言った瞬間だったのだ。それがいきなりの惨事になり、数歩の距離にある流...
お金がなかったので図書館で本をたくさん読んでみた

【カネトショ】第十二話 二ヶ月半ぶりに行った美容院は変わり者のおじさんの店だった

 久しぶりに髪の毛を切った。かれこれ二ヶ月半ぶりに切ったのだ。元から髪の量が多いタイプでかつくせ毛なので、二ヶ月近く放置していたら相当に重い印象であった。いささか短くなりすぎた気もするが、どうせすぐに伸びるので問題はない。サッパリしたのでい...
お金がなかったので図書館で本をたくさん読んでみた

【カネトショ】第十一話 行きつけのタリーズもマックも混んでいたので上島珈琲に入ったら、快適だった

某ショッピングモール内の上島珈琲に来た。このショッピングモールは自転車で行ける近所のためよく来るのだが、ここの上島珈琲に入ったのは初めてである。というよりも、上島珈琲自体に殆ど入ったことがなかった。理由は言うまでもなく高いからである。 ...
お金がなかったので図書館で本をたくさん読んでみた

【カネトショ】第十話 展示の監視役アルバイトで優雅に日曜日を過ごす

今日は横須賀に来ている。言うまでもなく、場所は飯島商店。友人の高良真剣君の運営するオルタナティブ古民家だ。用件はと言うと、現在飯島商店にて行われている展示会の監視役である。 英語を使ったりと、優雅に過ごす展示の監視アルバイト 家主の高良...
お金がなかったので図書館で本をたくさん読んでみた

【カネトショ】第九話 真夜中の成田空港

只今深夜の12時40分過ぎ。場所は、成田空港第3ターミナル。最終便で(普通列車!)地元駅から空港第2ビル(第2、第3ターミナルの最寄り駅)まで2時間半ほどかけてきた。これから朝までこうやって過ごして、朝7時の便で福岡空港へと向かうのだ。 ...
お金がなかったので図書館で本をたくさん読んでみた

【カネトショ】第八話 データ入力の案件に釣られて、派遣の仕事に登録にいく

前回の記事に引き続き、派遣の仕事の登録会に行った話、二日目。今日行ったところはデータ入力の仕事の募集で行った。先に結果を述べておくと、データ入力の案件にはありつけなかった。というか、十中八九データ入力の仕事の枠はないと思う。後ほどにも書くが...
お金がなかったので図書館で本をたくさん読んでみた

【カネトショ】第七話 派遣の仕事の登録に行ったら社員への話を持ち込まれ

昨日今日と、派遣の仕事の登録に行ってきた。どちらも場所は横浜。昨日の派遣会社は、ピッキング等の案件で行ったので単純作業系。そして今日の派遣会社はデータ入力の案件で行ったので、もう少しばかり洒落た雰囲気。登録に来ていたのも、女性が多かった。と...
お金がなかったので図書館で本をたくさん読んでみた

【カネトショ】第六話 久しぶりにドイツ人留学生とあった時の話

夜七時過ぎ。大学の図書館についたところ。さっきまではジムでトレーニングをしていた。そこで、タイトルにした通り、ドイツ人留学生の友達と久しぶりに会った。卒業式の日、会場に彼ともう一人のドイツ人留学生が冷やかしにきていて、ばったり会ったあの日以...
お金がなかったので図書館で本をたくさん読んでみた

【カネトショ】第五話 マクドナルドで人の世を感じた話

地元駅のMcDonald's(マクドナルド、以下マック)に来た。Wi-Fiを期待してわざわざ重いPCを担いできたが、三階の電源が使えるエリアの席では、Wi-Fiを全然つかめない。かろうじて掴んだと思いきや、すぐに接続が切れる。無料Wi-Fi...
お金がなかったので図書館で本をたくさん読んでみた

【カネトショ】第四話 布団を雨に濡らして、絶望!

本日深夜の話。(毎度のことながら、原稿用紙での執筆時) 布団をびしょびしょにしてしまった。 寝小便をしたわけではない。雨に濡らしてしまった。ついでにいうと、マットレスと敷布団だ。ことのきっかけはというと、昨日の朝、起きてから布団を畳...