Apex Legends(エーペックスレジェンズ)

スポンサーリンク
IT

GeForce NOWを実際に使ってみて感じたメリット・デメリット

GeForce NOW(ジーフォース・ナウ)でApex Legends(エーペックスレジェンズ)をプレイしている筆者が実際に使っていた感じた、GeForce NOWのメリットとデメリットについて解説しています。GeForce NOWの一番のメリットはゲーミングPCを持っていなくともApexやフォートナイトなどのPCゲームをプレイできる点ですが、回線速度に依存するなどデメリットも存在します。
IT

Geforce NOWにフリープラン登場!プレミアムプランとの違い

GeForce NOW Powered by SoftBankでは、誰でも完全無料で遊べるフリープランも用意されています。プレミアムプランと違い、連続プレイ時間は1時間まで、混雑時の接続は後回しなど差は設けられていますが、実際に使用してみてプレミアムプランと違いを感じることはありませんでした。
IT

GeForce NOWで必要な通信環境と回線速度!遅延やラグいときにはこれをチェック

GeForce NOWに必要なインターネット動作環境は、有線または5GHzのWi-Fi環境かつ15Mbps以上の通信速度(推奨25Mbps)と公式情報に記載されています。ただし、実際にはこの倍程度の速度はあったほうが快適に遊べるかと思います。また、回線速度自体が高速だったとしても、Wi-Fi接続だと不安定なため、遅延やラグが発生した際は有線LAN接続を試してみてください。
IT

GeFerce NOWのApex用にロジクールF310rを購入したのでレビュー!

GeForce NOW(ジーフォース・ナウ)でのApex Legends(エーペックスレジェンズ)用に、LogicoolのF310rというゲームパッドを購入したのでそのレビュー。本機はGeForce NOW公式HPでMacとWindowsでの動作確認が取れている安価なコントローラーで、OTGアダプターを介すことでAndroid端末でも使用することが可能です。
IT

GeForce NOWでの最高画質(解像度)について!4K画質は選択可能?

GeForce NOW(ジーフォース・ナウ)で出せる最高画質は1920 × 1200(アスペクト比16:10)までとなっており、フルHDよりも縦に少し長い画質まで再生可能です。そのため、GeForce NOWでは4K画質でプレイすることはできません。このストリーミング品質の上限はソフトバンク版/au版どちらについても全く同じものです。
IT

GeForce NOWでのAPEXやフォートナイトは何FPSまで出せる?最高フレームレートについて解説

GeForce NOW(ジーフォース・ナウ)で出せるフレームレート(FPS)の最高値は60FPSまでとなっています。そのため、120FPSや144FPSを出すことは不可能です。この上限はApexやフォートナイトなどすべてのGeForce NOWで遊べるゲームで共通となっています。
IT

Originのゲームを起動時にToo many computers…と表示されてしまったときの対処法

Geforce Now(ジーフォースナウ)のOrigin版のApex Legends(エイペックス・レジェンズ)にて、ログイン時に"Too Many Computers have accessed..."と表示され、ログインすることができないトラブルがたまに発生します。解決策としては、24時間待つだけで制限は解除されますが、そのログインエラーになってしまう原因などを解説します。
IT

GeForce Nowでのキーボードが変!「@」「_」が入力できないときはここをチェック

GeForce NOWでは、キーボードがおかしくなるトラブルが使い始めのタイミングに起こりがちで、ゲーム内において半角文字の入力がキーボードに表記されているキー配列と、一致しないといった問題が起こります。この問題は設定で「自動(英語 - ABC)」から「日本語 - 106」に変更することで直ります。
IT

Macbook ProでもAPEXをプレイしたい!GeForce NOWを使えば完全無料で遊べる

Geforce Now(ジーフォース・ナウ)を使って、本来PCゲームに向いていないMacbook Proでも流行りのApex Legends(エーペックスレジェンズ)を遊べるようにする方法について解説します。ソフトバンク版/au版ともに月額料金は税別1,800円ですが、ソフトバンク版には誰でも完全に無料で利用できるフリープランも用意されています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました