James Cotton

スポンサーリンク
お金がなかったので図書館で本をたくさん読んでみた

【カネトショ】第三話 何もしなかった一日を題材にする

日曜日の夜の八時半。夕食をちょうど食べ終えたところ。お湯を沸かしてほうじ茶でも飲もうと思っている。世間の人々は明日からの一週間を思い出し、それぞれの憂鬱(ブルース)を心に浮かべているのかもしれない。だが、僕にはそんなことは無縁の話だ。理由は...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました