Yahoo! JAPANカードのTカード機能が磁気不良!再発行手続きをしたので手順解説

生活

買い物をするときは大概クレジットカードで支払いをしている。

Amazon、ヤフーショッピング、サウンドハウスなどのオンラインショッピングなら当然のごとくクレジットカード払いだし、普段の日常的な買い物についても、よっぽど少額な買い物以外は大概の場合はクレジットカード払いしてしまう。

そんなクレジットカード文化にどっぷりハマっている僕だけど、持っているクレジットカードは1枚だけで、Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)1枚である。大学生の頃に作ったこれ1枚でやりくりしている。あとは、全然使っていないけれど、デビットカードとして使えるジャパンネット銀行と楽天銀行のキャッシュカードを持っているのみ。

唯一所有しているクレジットカードのYahoo! JAPANカード。

このYahoo! JAPANカードは、かの有名な楽天カードとも肩を並べるほど使い勝手の良いカードで、100円の買い物ごとにTポイントが1ポイント付与されたり、ヤフーショッピングでは毎月5のつく日ではポイントが5倍に増えたりと、Yahoo! Japanのサービスを利用する人には結構お得に使える。それに年会費も永年無料だし。あと、多分審査も結構ゆるい。

また、貯まるポイントがTポイントなだけあって、Yahoo! JAPANカードはTカードと一体型となっているので、別途Tカードを持ち歩かなくて良くなるところも、スマートで良い。

さらにTSUTAYAのレンタルカードとしても使えるけど、利用するためには一度TSUTAYA店舗で利用手続きが必要なのと、216円の登録手数料は必要なのでそこは注意。元からTSUTAYAで利用できる訳ではない。

Tカード機能が磁気不良!

そんな便利なYahoo! JAPANカードなんだけど、所有してからわりとすぐのうちにTカード機能の方が磁気不良になってしまい、店員さんにレジでバーコードをかざしてもらっても、一向にエラーで使えなくなってしまっていた。クレジットカードとしては問題なく使えていたので、どうもTカード機能の方だけが壊れちゃったようである。

ググッてみると、案外Yahoo! JAPANカードのこういった故障は多いみたいで、自分と同様にクレジットカードとしては問題なく、Tカード部だけが磁気不良としてだめになっちゃっているパターンが多いみたいだ。

対処法としては、毎回店員さんに、

「すいません、このTカード、バーコードが壊れちゃっているみたいで。手打ちで入力してもらってもいいですか」

と伝えて、店員にピピピと手打ちで16桁のTカード番号を入力してもらうのみ。なかなか、原始的だ。

もちろん多くの店員さんはダメ元で一度バーコードを読み取ってエラーになるのを確認した後、笑顔でピピピと入力してくれるのだけど、中には老眼でたいそうつらそうにメガネを掛け、苦労しながら入力してくれるおばちゃん・おじちゃん店員さんもいたので、なかなか申し訳ない気持ちはあった。

あと、かつて1名何度やっても入力ミスして、結局諦めた店員さんもいた。まあ、少額だから全然良かったんだけど、そんな深刻な老眼で大変そうな初老の男性が、深夜のウェルシアで働いていたことに、なんだか日本社会のおかしさを感じてしまった。

——それはともかく、僕は割合ドトール・ウェルシア・ガストなど、Tカード加盟店でよく利用するお店があるので、いい加減これは不便だと感じ、重い腰を上げてカードの再発行手続きをした。Tカードとクレジットカードが一体型なので、当然、クレジットカード自体の再発行となる。以下、その磁気不良のYahoo! Japanカードの再発行手続き方法である。

Yahoo! JAPANカードの再発行手続き方法

というわけで前置きが長くなってしまったが、ここから磁気不良になってしまったYahoo! JAPANカードの再発行手順について。と言っても、とても簡単だ。再発行と言っても、審査もなにもいらなかった。

また、説明している画像はスマホからの操作方法だけど、やり方自体はPCからでもまったく同じである。

まず、Yahoo JAPANのトップページにアクセスし、メニューの中から「すべて」をタップ。

サービスの一覧から「カード」をタップ。

「会員の方はこちら」をタップし、ログインページへ。

Yahoo IDとパスワードを入力し「ログイン」をタップ。

Yahoo! JAPANカード利用者ならお馴染みであろう会員ページのトップ画面が表示され、当月の請求金額がデーンと表示されるが、怯まずに画面下までスクロールする。恥ずかしいので請求金額はモザイクを掛けさせていただく。

トップページを下までスクロールすると、各種お手続きメニューの下に、「カードの再作成・再発行」という項目があるのでタップする。

再発行申請理由について聞かれるので、今回の僕のようなケースでは「磁気不良」を選択する。他の理由により、再発行をする方は、各々の理由を選択してくだせえ。

下までスクロールすると、再発行されたカードのお届け先として登録時の住所が表示されるので、変更がなければそのまま「確認画面へ」をタップ。

確認画面が表示され、申請理由が「磁気不良」、お届け先住所として現住所が表示されるので、間違いがなければ「申し込む」をタップし、完了。

 しばらくすると、登録しているYahoo!メール宛に再発行の申込みが完了した旨のメールが届く。メールによると、到着まで1週間から10日ほど日数を要するとのこと。

再発行後もクレジットカードとして使える?!

ところで、多くの方が気になるだろうことが、再発行の手続きをした後新しいカードが到着するまでの間、今までのカードが使えるのか否かという問題。僕のように所有しているクレジットカードがこれ一枚になると、なかなか死活問題だ。

前もって得ていた情報として、とあるブログ記事によると、再発行手続き後は新しいカードが到着するまでの間はそのカードは使用できないと書いてあったのでてっきりそのつもりでいた。

が、しかし、再発行の手続きを終えてから30分ほどしてから、ちょうどコンビニでそこそこの金額を支払う機会があったので、ダメ元でクレジットカードを提示してみたら、いつもどおり問題なく購入できてしまった。……あれ? と、少々拍子抜け。その後も近くのドラッグストア2件で会計時に提示してみたが、やはり平常通り購入できた。

これはきっと、磁気不良による再発行は、クレジットカード番号やTカード番号も変わらないので、一番不正利用の危険性もないからそのまま使用できる仕様になっているのだと思う。ただし、盗難や紛失による再発行の場合は、どちらの番号も変更になるので、新しいカードが到着までの間は古いカードの情報にて買い物は出来ないと明確に書かれている。まあ、当たり前。

コメント